なにわ乳がんを考える会のご報告と感想/『第16回 なにわ乳がんを考える会』(2019.8.17)

0

    兵庫県立がんセンタ−2名の医師による最新医療の講演でした

     

    「がんと遺伝子について」

    浦川 優作 先生 (兵庫県立がんセンター遺伝診療科 遺伝カウンセラー)

     


    癌患者にとって、自分以外の家族に癌の人がいると、遺伝ではないかと心配してしまいます。
    乳がんの5〜10%は遺伝因子が関与していると考えられており、遺伝性乳がん・卵巣がん症候群では、BRCA1遺伝子とBRCA2遺伝子に生まれつきの変異があるそうです。
    遺伝子検査を受けて陽性だった場合、ショックを受けるかもしれませんが、早期発見のための検診・予防方法をとることができます。
    陰性だとしても、大手を振って喜べません。
    12人に1人が乳がんを発症する現在です。家族が絶対に乳がんにかからないとは限りません。
    BRCA以外の遺伝子かもしれないし、遺伝子に関係ないかもしれない、とのことでした。

    必要なのは自己チェックと定期健診ですね。

     


     

    「がんゲノム医療とは」

    須藤 保 先生 (兵庫県立がんセンター研究部 ゲノム医療・臨床試験センター ゲノム医療担当次長)

     


    今年度6月にゲノム医療は保険適応になったそうです。
    「ゲノム医療」って何?
    保険適応の対象は、”現犲N鼎終了したが治癒せず、∋慊衂賊や連携病院に自力で受診できる元気な方で、生検や手術時の組織を持参できる人。
    組織を持参できない方や、検体が劣化している場合は保険適応にならない血液検査となり約45万円必要らしいです。
    遺伝子情報(A・T・G・C)の変異を明確にし、分子標的薬・免疫チェックポイント阻害薬など、個々に合う薬を探す事をパネル検査といい、
    結果が出るまでに約2か月を要すそうです。
    全ての患者情報は癌情報管理センターで一括保管されます。
    標準治療終了前などの保険適応外で、自費でパネル検査を受けたい方は40〜100万円。
    その結果も‥応するゲノム治療が見つかる場合、
    現存するが他疾患での申請薬品であり、乳癌で使用するためには倫理委員会の承認待ちが必要となり治療開始が遅れる場合、
    ゲノムが見つからない場合、
    げ搬伽が発見される場合など、パネル検査の2か月後に明るい未来が必ずあるとは限らないようです。

    標準治療でヘトヘトになった方からは「これ以上?信じられない」との反応がありました。
    2人に1人が癌になる時代です。
    将来、乳がんに限らず、診断時に遺伝子検査を併用してくれたら患者は苦しむ期間が短くて済むのに。
    ゲノム医療をふまえて、「パネル検査で判明した場合は、申請疾患に限らない」などの保険適応の変更があれば嬉しいですね。
     

     

    eiko


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM