「医療者とのおしゃべり会」/第103回大阪QOLの会

0

    20181208

    (右から)

    茶屋町ブレストクリニック 脇田和幸先生
    高槻駅前クリニック 森毅先生

    淀川キリスト教病院 箕畑順也先生

     

     

    報告と感想

     

    2018年12月8日は、年に一度の「医療者とのおしゃべり会」でした。

     

    今回は茶屋町ブレストクリニックの脇田和幸先生、

     

    淀川キリスト教病院の箕畑順也先生と看護師の椎野育恵先生、

     

    高槻駅前クリニックの森毅先生が参加してくださいました。

     

    「医療者とのおしゃべり会」の前には

     

    通常通り患者さんだけでいろいろな話をする患者会を行いました。

     

    患者会では同じような体験や悩みをもつ患者さん同士で話し合いをすることで

     

    それ自体が不安の軽減につながるということが少なくありませんが、

     

    患者さん同士では解決しにくい悩みや治療方法に関する不安等はやはりあり、

     

    いつもは講演会の後の「質問コーナー」で患者さんに書いてもらった質問用紙を先生に渡して先生に答えていただいています。

     

    今回はそのような質問を直接、何人かの先生に伺うことが出来るとても有意義な会でした。

     

    先生方からは最後に暖かいメッセージをいただき、

     

    患者さんの悩みや不安に向き合ってくださっていると実感しました。

     

    言葉で具体的に患者さんを取り巻く状況はこうに違いないと表現して下さるということは、

     

    理解してもらっているという安心感を持つことができるんだと改めて思いました。

     

    先生方のご意見やメッセージで、心強く思われた患者さんもいらっしゃったように思いました。

     

    良い会になり本当によかったです。

     

    (石井)

     

     

     

    ◆次回の大阪QOLの会は、2019年2月2 日(第1土曜日)です。

    テーマは

    『乳癌と遺伝子検査』

    です。

    大阪QOLの会のホームページへはこちらをクリックしてください。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM