「がんと口腔ケア /第96回 大阪QOLの会

0

    「がんと口腔ケア  〜口の働きと健康〜」

       瀧田 正亮先生

     

     

     タイトルとは異なり、笑いと健康の関係性で講演が始まりました。

     

    古くより、世界中でユーモアや笑いを述べた思想家達は長寿であったそうです。

     

    健康には、自律神経の調節が大切なのだという事を再認識しました。

     

     

    そして本題。

     

     口の中の細菌は、300〜700種類もあり、

     

    歯垢1喘罎1億個も菌がいるそうです。

     

    歯垢がたくさん残っている場合、

     

    口の中にどれだけの菌がいることになるのでしょうか? 

     

    考えただけでもぞっとします。

     

     その中に身体をむしばむ菌が存在するそうで、

     

    その予防のためにも丁寧な歯磨き(歯垢除去)が重要なのです。

     

    歯垢除去にはローリング法での歯磨きが効果的で、

     

    特に一番奥(親知らず)の側面歯垢が

     

    ローリング法でないと除去できないそうです。

     

    そういえば、歯間は気にしても、

     

    親知らずの側面は気にしたことがありませんでした。

     

     その他、唾液の流出促進に食事をよく噛むこと、

     

    腸内細菌を活性化するために、

     

    楽しく美味しく、色々な種類の食材を食べることが

     

    必要だと学びました。

     

     

    最後に高山植物はなぜきれいなのか?

     

     高山とは紫外線が強い、風がきついなど、

     

    生命活動の条件としては厳しい環境である。

     

    そんな障害を乗り越えたから美しい花を咲かす事ができる。

     

    がん患者も同様。大変つらい思いをし、

     

    つらい治療を乗り越えたからこそ、

     

    他の人にはない美しさがある。  

     

    ・・・瀧田先生説

     

     

    私達は患者会で知識を学び、

     

    お互い情報を交換して助け合って強く根を張って生きています。

     

    そこに瀧田先生から、梅雨の中休みの暖かい太陽光をいただきました。

     

    さあ、ますます輝いていきましょう

                                eiko

     

     

     

     

     

     

    次回の大阪QOLの会は、2017年10月14日(第2土曜日)です。

    テーマは

    『ストレス対処力と精神的健康』

    講 師:鈴木 久美 先生
    (大阪医科大学 看護学部) 


    です。

    大阪QOLの会のホームページへはこちらをクリックしてください。

     

    また、7月29日(土曜日)には「第14回なにわ乳がんを考える会」の開催もあります

    (場 所 : 梅田スカイビルタワーウェスト36階)。

    詳細は大阪QOLの会のホームページをご覧ください。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック