患者会のご報告 (2015.2.14.) / 第84回 大阪QOLの会)

0
    2015年2月14日は、今年度はじめての患者会でした。

    今回の高尾信太郎先生の講演会は、

    「乳がんの遺伝子診断ー再発リスクはどこまでわかるか?ー」。


    乳がんを含む多くのがんは

    「がん細胞にだけに起きる『体細胞変異』」で、

    生活習慣病であるということ。


    乳がんは現在5つのサブタイプに分けられていること。


    そして、再発リスクは

    遺伝子を用いた評価によって

    化学療法(抗がん剤)が必要かどうかを選択でき、

    再発リスクは「oncotype DX」(約40万円)や

    日本発の「Curebest 95GC Breast」(約20万円)で

    調べることができる。

    そして、中間リスクと評価された場合や、

    より正確さを求める場合は

    両方しらべると良いというお話。


    また、米女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが

    乳房の切除・再建手術を受けたことで注目された乳がんの遺伝子

    BRCA1. BRCA2の変異陽性についてや、

    将来は血液や尿からの代謝物からでも

    乳がんの診断ができるような時代になること

    などを詳しく教えて頂き

    日進月歩の乳がん治療の現実を目の当たりにして

    キラキラと希望の光が見えたような気持ちになりました。

    そして、このような最新治療を勉強する機会が、

    私たちにとって本当に大切な時間なんだと改めて実感できました。

    20150214DrTakao1

    「乳がんの遺伝子診断 再発リスクはどこまでわかるか?」
    高尾 信太郎 先生(兵庫県立がんセンター乳腺外科 )


    グループトークでは、

    初参加の方14人を含む40名以上の方々が

    4つのグループに分かれ

    そこに私たち患者世話人が加わって話し合いました。


    ホルモン療法の副作用とその辛さ

    温存と全摘との違い

    乳房の再建の時期や方法

    治療中の気持ちの浮き沈みについて

    食事療法を徹底すべきかどうか

    などについて、

    たくさんの相談や質問などがあり

    術後20年近くになる参加者の方より

    治療中の不安な気持ちにどう向き合っているかを教えて頂いたり

    再建をされた方のお話を聞くことで

    「これからの治療に前向きになれた」とおっしゃる参加者の方も

    いらっしゃいました。


    大阪QOLの会では

    このように先生方の講演会や、

    グループトークを行なっておりますので

    これから治療を始められる方はもちろん、

    治療が落ち着いて元気に過ごされている方、

    そしてサポートされているご家族の方にも

    是非参加して頂きたいと思っています。

    (担当:oda)



    次回の大阪QOLの会は、2015年4月11日(第2土曜日)です。
    テーマ:乳がん再発の早期発見は意味がない?
    講師 :古谷 義彦 先生( 済生会中津病院乳腺外科)です。



    大阪QOLの会のホームページへはこちらをクリックしてください。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM