「女性ホルモンと認知症」/第74回 大阪QOLの会

1
テーマ「女性ホルモンと認知症」
講師: 古谷義彦先生(大阪府済生会中津病院乳腺外科)



<<ご報告と感想>>
 2月のQOLの会には寒い中、皆さん足を運んでくださいました。
初めて来てくださった方は、みんなで体験したことを語るうちに
少しずつ緊張も緩まれたのではないかと思います。

 今回は古谷先生から、認知機能や認知症について講演をしていただきました。
キーワードは3つあり、その中でも私は自己の尊厳の部分についてのお話が印象に残りました。
今年から認知症施策推進5カ年計画「オレンジプラン」が始まります。厚労省は、認知症を患った高齢者でも、できる限り住み慣れた地域で暮らし続けることができる社会作りを目指すとしています。先生のお話からも、他人の尊厳を尊重できる優しい社会であればいいなと思いました。

講演は乳がんのお話からは少し離れましたが、そのあと皆さんからたくさんの質問があり、先生方も熱弁してくださいました。

世話人





次回の会は2013年4月13日です。
テーマは
「上手なストレス対処法」講師: 鈴木久美先生(兵庫医療大学看護学部)
です。


大阪QOLの会のホームページへはこちらをクリックしてください



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM