古谷先生 自己紹介

0
     乳腺外科 古谷義彦
    自己紹介 
    みなさま こんにちは。 私は2008年4月から大阪府済生会中津病院に赴任して参りました古谷です。 自己紹介の文章を書くように言われて20ヶ月になりますがこの年になると 自分で思っている自己と ひとさまが感じている像との差がおそろしく、ついつい遅くなってしまいました。中津済生会病院に赴任してはや1年8ヶ月が経ちました。中津済生会病院は歴史があり 設立の理念も素晴らしい病院です。毎日が忙しく1週間のうち半分は昼食をとることが出来ずメタボとは程遠い生活を送っています。空腹になると易攻撃性になるようで 自分では自分のことをこんなにおとなしい人はいないと思っていましたが病院のなかではちょっと違うようです。いままで優しそうなひとに見えるといわれて50年くらい過ごしてきましたのでその気でいましたが1年で3回もけんかをしてしまいました。 
    自己評価 
    自他ともに認める部分ですきなところ 背が高いので高いところにあるものが取れる。いやなところ わがまま 自己中であること。 
    ひそかに思っている自己評価 好きなところ まじめで体力があること。いやなところ 負けるけんかはしないこと。 ひとさまとちょっと違うかなと思っていること 神様がいるかも知れないと時々感じること。最初にそう感じたのは 大学で遺伝子の講義を聞いたときにDNAといわれる遺伝情報の設計図が実は4種類でその組み合わせだけから出来ており すべてのヒト,ゴキブリ,ムカデはてはゾウリムシまで組み合わせが違うだけで基本はいっしょであると聞いてからです。  現在興味を持っていること 女性ホルモンと乳癌についてです。
    中津済生会病院の乳腺部門はいい先生が続いた歴史があるので 伝統を汚さぬようがんばっています。 よろしくお願いいたします。


    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM